アビオンエアライン
スクール
OFFICIAL BLOG

合格するための秘訣

今日は、スタンフォード大学の社会学者のエベレット・M・ロジャース教授が提唱したイノベーター理論を用いて「合格するための秘訣」を考えてみましょう。

 

一般的な消費者(購買者)の行動パターンは、以下の5つのグループに分類されます。

 

1.イノベーター(革新者):2.5%

新しいものを積極的に取り入れるタイプ

2.アーリーアダプター(初期採用者):13.5%

積極的に情報収集をして自ら判断していくタイプ

3.アーリーマジョリティ(前期追随者):34.0%

比較的慎重なタイプに属する初期の多数者

4.レイトマジョリティ(後期追随者):34.0%

周囲の大多数に追随する後期の多数者

5.ラガード(Laggards:遅滞者):16.0%

保守的であり、世の中の動きに関心が薄いタイプ

 

 

上の図をみてもわかるように、他の人より早く行動に移すことができているグループは、明らかに1.2であることがわかります。

 

仮に、自分が3に該当するアーリーマジョリティ(前期追随者)で行動に移した場合、全体の市場(航空業界を志望する人)の16%の人々がすでに自分よりも早く動いていることになります。

 

さらに同時期に行動をスタートした人を加えると、なんとすでに全体の50%に達してしまっているのです。

これを見て、「私は人より早く行動できてよかった」と思う人はいないと思います。

 

ところで、

「募集が発表されてから準備を始める人 orあらかじめ準備をしっかりしていた人」

どちらが合格の可能性が高いと思いますか?

答えはもちろん

「あらかじめ準備をしていた人」

ですよね。

 

だからこそ、みなさんには、

「募集発表されたんですね、まさかこんなに早く募集があるなんて思っていませんでした」

「今からでも間に合いますか?」

という人にならないためにも、今からしっかり準備を始めることをお勧めします!

 

なぜならば、

採用試験はいつ発表されるかわからない からです。

そして、JALの社長も 必ず航空需要は戻る と明言していますから。

だからこそ、「備えあれば患いなし」

早めの準備を怠らない ことがとても重要であるということですね。

 

「今回合格できなくても、次回の既卒試験を目指して頑張ります!」を何回も繰り返さないためにも…。

今からアビオンでしっかりと対策を行い、夢を叶えませんか?

 

就職や転職に関する相談については、こちら

 

または、

電話:東京:03-6804-2284/大阪:06-6136-3110 (13002000

へお気軽にどうぞ

記事検索

カテゴリー

カレンダー

2023.02
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

月別アーカイブ