アビオンエアライン
スクール
OFFICIAL BLOG

就職・転職活動の基本~業界研究・企業研究…JAL vs ANA~

 日本の2大メガキャリア

エアライン志望者に「入りたいエアラインは?」と尋ねると、必ずといっていいほど

「JALです」、「ANAです」という答えが返ってきます。

‘JAL’、‘ANA’、と言えば、誰もが知る日本の2大エアラインです。

では、この2社の違いは何なのでしょうか?

明確に説明できますか?

JALの採用試験ではANAについて聞かれ、ANAの採用試験ではJALについて

聞かれることが多数あります。

面接官が納得してくれる答えを用意しておかなければなりません。

それでは、この2社の違いを見てみましょう!

 

  会社の沿革

会社の歴史を理解することで、志望動機のクオリティが高まります。

JALは、「半官半民」の会社としてスタートし、日本の航空会社として初めて国際線に就航しています。

一方、ANAは、最初から「民間企業」として‘日本ヘリコプター輸送株式会社’という名前でスタートしました。

因みに、航空会社には‘2レターコード’がありますが、JALは‘JL’、ANAは‘NH’、なぜ‘NH’なのか?

→答えは「日本ヘリコプター」だから!です。

かつて、「国際線はJAL、国内線はANA」、という時代もありました。

その時代から今に至るまで、この2社がどのような歴史を重ねてきたのか、調べておきましょう!

 

 社風は?

JALは、会社の成り立ちが影響しているのか、かつては‘官僚的’なイメージがありましたが、

経営破綻を経て様変わりしたようです。経営破綻後のJALに注目してみましょう。

‘JALフィロソフィー’は要チェックです。

ANAは、純然たる民間企業のため、社内の風通しがよく自由なイメージがあり、今に至っています。

それぞれの会社が、新入社員に何を求めているのか?どのような人材を必要としているのか?

社風を知っておくことは最低限必要です。

でも、知るだけで良いのか?知ったら、次に何をしなくてはならないのか?

実は、ここからがライバルに差をつけるポイントです!

 

 コロナ禍、アフターコロナのJAL・ANAは?

コロナウイルス感染拡大の影響は大きく、JALもANAも大きなダメージを受けました。

ただしながら、今後の見通しとしては、2社とも比較的早い時期の黒字回復が予想されます。

そして、アフターコロナの採用にも変化がありそうです。

コロナ前に比べ、採用数、採用スタイル、採用基準など、難易度が上がることが予想されるため、

受験者も採用試験に対する意識を変えなければなりません。

従来通りの準備では合格できない時代がやってきます。

合格するためにどのような準備が必要なのか、対策を考えましょう!

 

アビオンでは、コロナ後を見据えた受験対策を始めています。

「次こそは絶対合格!」とお考えの皆さん、ぜひご相談ください!

 

===========================

8月スタート生募集中!

 
■学生のための入学説明会【来校/オンライン】
毎週 水曜・金曜・土曜・日曜 17:00~

 
■社会人のための入学説明会【来校/オンライン】
毎週 水曜・金曜 19:00~ 
   土曜・日曜 14:00~

 
■受験カウンセリング&入学相談
エアラインを目指すにあたって 不安・悩みはありませんか?

オンラインでも来校でもOKです!
水曜~日曜 16:00~19:00の間でご予約いただけます

その他ご希望に合わせてご予約も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

*月曜・火曜は休校日です

ご案内しているセミナー・体験授業・相談会はすべて無料・予約制です。
*スクール説明会も合わせて実施します

その他イベントは アビオンホームページ

http://www.avion-air.com/

でもご案内しております。

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

記事検索

カテゴリー

カレンダー

2023.02
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

月別アーカイブ