アビオンエアライン
スクール
OFFICIAL BLOG

就職・転職活動の基本~自己分析編②~

 

 ‘自己分析’は‘社会人’と‘学生’では違う?

前回は、「自己分析の必要性」、「自己分析の方法」、「自己分析の活用方法」について説明いたしました。

今回は‘自己分析における社会人と学生の違い’を見ていきましょう。

 

 ‘社会人’の‘自己分析’

社会人の場合、学生時代の経験に加えて社会に出てからの経験が問われるため、

より幅広い自己分析が必要となります。

キーワードは「転職」です。‘転職理由’は必ず聞かれる項目なので、自己分析を基に、

面接官が納得できる転職理由を考えなくてはなりません。

また、‘現職’についてもよく聞かれます。特に、‘社会人になって大変だった経験・苦労したこと’は

よく聞かれるので、まとめておきましょう。

採用する側は、受験者の‘仕事に対する考え’や‘仕事ぶり’から‘企業への貢献度’を見ています。

社会人になってからの自己分析をしっかりすることで、企業側に入社の熱意を伝えましょう。

職務経験が浅い人は、短い社会人経験をどのようにアピールするかも大切なポイントです。

 

 ‘学生’の‘自己分析’

学生の自己分析には、いくつかキーワードがあるので、サンプルを挙げてみましょう。

・サークル・部活…何をしていたか、大変だったこと、学んだこと、など

・アルバイト…職務内容、職場での役割、大変だったこと、学んだこと、など

・留学…留学した理由、留学中の経験、大変だったこと、学んだこと、など

・ボランティア…ボランティアをやろうと思った理由、内容、大変だったこと、学んだこと、など

・チャレンジ経験…何をしたのか、その理由、内容、大変だったこと、学んだこと、など

以上、いくつか例をあげてみました。

大学時代の経験を基にしていますが、高校時代以前の経験も振り返っておきましょう。。

 

 共通していることは?

よく見ると、社会人・学生に共通していることがあります。それは「大変だったこと」、「学んだこと」です。

面接では、「失敗した経験」、「苦労した経験」、「大変だった経験」がよく聞かれます。

企業側では‘失敗や苦労の数だけ学びがある人’と考えます。これらネガティブな質問こそ、

‘合格する受験者’と‘不合格の受験者’を分けるポイントとなります。

自己分析の中で‘大変だった経験’を棚卸しして、的確な答えを用意しましょう。

 

今回は‘自己分析’についてご説明しましたが、次回は‘企業研究・業界研究’についてご説明したいと思います。

 

===========================

7月・8月スタート生募集中!

 
■学生のための入学説明会【来校/オンライン】
毎週 水曜・金曜・土曜・日曜 17:00~

 
■社会人のための入学説明会【来校/オンライン】
毎週 水曜・金曜 19:00~ 
   土曜・日曜 14:00~

 
■受験カウンセリング&入学相談
エアラインを目指すにあたって 不安・悩みはありませんか?

オンラインでも来校でもOKです!
水曜~日曜 16:00~19:00の間でご予約いただけます

その他ご希望に合わせてご予約も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

*月曜・火曜は休校日です

ご案内しているセミナー・体験授業・相談会はすべて無料・予約制です。
*スクール説明会も合わせて実施します

その他イベントは アビオンホームページ

http://www.avion-air.com/

でもご案内しております。

 

お問い合わせ・お申込みはこちら

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

記事検索

カテゴリー

カレンダー

2023.02
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

月別アーカイブ