アビオンエアライン
スクール
OFFICIAL BLOG

就職・転職活動の基本~面接の準備④~

 

 志望動機とは?

前回ご紹介した‘自己PR’とともに、合否を左右する重要な要素が‘志望動機’です。

企業は「うちの会社にどれぐらい入りたいと思っているのか?=その企業への熱意」を重視します。

受験者は、競合他社にはない魅力を挙げ、「第一志望の企業」であることを明確に伝えることが大切です。

 

 

  志望動機の種類は?

一言で‘志望動機’と言っても、いくつかパターンがあります。

航空業界を例に挙げると…

①業界に対する志望動機

→なぜ航空業界を志望するのか?

②職種に対する志望動機

→ なぜ‘CAを志望するのか?’‘なぜGSを志望するのか?’など。

エアラインは様々な職種があるので、職種ごとの志望動機を作成する必要があります。

③企業に対する志望動機

→なぜ‘日本航空(JAL)を志望するのか?’、‘なぜ全日空(ANA)を志望するのか’、など。

自分が受ける企業の志望動機は全て作成する必要があります。

 

 

  志望動機の難しさ

‘自己PR’と違い、自分の経験や強みをベースにすることができないところです。

しっかりした‘志望動機’を作成するためには、「企業研究」!

企業研究をすることにより、その会社の特徴や企業理念、企業が求める人物像などを十分に理解することにつながり、

その企業が納得する志望動機を作ることができます。

また、‘自己分析’をすることにより、自分のPRポイントを的確に把握しておくことも重要です。

 

 

  企業は何を見ている?

企業が見ているのは‘将来’です!

どちらかと言えば、‘自己PR’は受験者の過去を知ることに意味をなします。

一方で、‘志望動機’から、その受験者が将来会社に貢献してくれる人かどうかをチェックしています。

企業は、ボランティアで人を採用するわけではないので、必ず‘会社に対する貢献度’を‘志望動機’ から推測し、

将来企業のために活躍してくれそうな人を採用します。

大部分の受験者は、「合格したい!」という気持ちで面接会場にやってくるので、将来のビジョンを語れない人が非常に多く見受けられます。

不合格になる理由の一つは‘ここ’にあります。

企業が納得し、「この人はぜひうちの会社にきてほしい」と思ってもらえる受験者になる必要があるわけです。

 

 

アビオンエアラインスクールは、航空会社から採用試験の業務委託を受け、アビオンの講師陣が実際の面接で面接官をしています。

面接における‘プロ’が集まっているスクールです。

みなさんも、アビオンで面接を体験してみませんか?

無料体験レッスンも受付中!

ご希望の方は、下記お問合せフォームからお申込みくださいね。

 

===========================

9月・10月スタート生募集中!

 

■学生のための入学説明会【来校/オンライン】

毎週 水曜・金曜・土曜・日曜 17:00~

 

■社会人のための入学説明会【来校/オンライン】

毎週 水曜・金曜 19:00~ 

    土曜・日曜 14:00~

 

■受験カウンセリング&入学相談
エアラインを目指すにあたって 不安・悩みはありませんか?

オンラインでも来校でもOKです!
水曜~日曜 16:00~19:00の間でご予約いただけます

その他ご希望に合わせてご予約も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

*月曜・火曜は休校日です

 

 

ご案内しているセミナー・体験授業・相談会はすべて無料・予約制です。
*スクール説明会も合わせて実施します

その他イベントは アビオンホームページ

http://www.avion-air.com/

でもご案内しております。

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

記事検索

カテゴリー

カレンダー

2023.02
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

月別アーカイブ