アビオンエアライン
スクール
OFFICIAL BLOG

2010年 エアライン就活を振り返る(1)

こんにちは!

皆さんにとって この2010年 どんな年でしたか?ニコニコ

今日が 2010年の 363日目。

あと少しで カウンターも1にリセットされますね。

2010年は年明け早々 KLMオランダ航空の募集が発表され、〆切までに間がなかったことから大急ぎでの受験準備となりました。

その後も ベトナム航空、シンガポール航空など 待たれていたエアラインの採用が続々。

その後も 数年に一度しか出ない募集や 前回募集から少し間の開いた募集が やっと出た! という印象がありました。

今年はまたLCCの採用が活発だった年でもありますね。

エアアジア、ジェットスター

などのエアラインも 募集を発表しました。

どんなエアラインが募集を発表したか 一覧を掲載しています。

→ アビオンHP  募集情報 をご覧ください。

それから忘れていはいけないのが 中東系エアライン。

ほぼ毎月採用を行ったカタール航空。

12月の大阪会場の試験までに約100名の日本人CAが誕生しました。

カタールの採用を行っている A.R.T.カタール採用チームも 日本国内だけでなく海外にまで走る東奔西走焦るした一年でした。

来年の外資系CA募集はどうなるのでしょう・・・?

今年の日本を取り巻くエアライン業界、 何といっても

earth 羽田国際化 はれ オープンスカイ という大きなキーワードがありました。

・現在 オープンスカイ交渉が アジアの国々とも進行中である

・成田空港にLCC専用ターミナルを作る予定である

このような要因から 今年同様 もしくは今年以上に多くの採用試験が行われると見込まれます。

今年は約70回のCA募集がありましたが、

どのエアラインも まったく異なる選考方法をとっています。

『○○の募集 出るかな~得意げ  ではなく 

 『出たら こうしよう! ああしよう!』 という心の準備が無くては、単に応募しただけに終わってしまいそうです。

それぞれのエアラインが どんなCAを求めているのか、

しっかり把握したうえで 対策を講じていくことがますますこれから必要になるでしょう。

CA受験、回数を多く 受ければ 受かる というものでもありません。

たしかにたくさん受験すれば “経験”にはなりますが、

“必ず合格” へ結び付けたいのであれば

毎回の受験から 転んだ“転んでもただでは起きない!”だるまさんが ぐらいの気持ちで 

頑張る 何かを得なければ 無駄に回を重ねるだけになってしまいます。

特に 募集の多い年は 準備と受験だけで 精いっぱいになりがち。

一年間 試験に振り回されたなーε=(。・д・。)   

で 終わらない年に できるかどうかは 皆さん次第です!!

– つづくアメブロ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

アビオンエアラインスクールでは 随時

エアライン受験に関するご相談をお受けしています

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

家 ホームページは  http://www.avion-air.com/

手紙 Eメールは  info@avion-air.com

まで お気軽にどうぞ  しゃがんだ

記事検索

カテゴリー

カレンダー

2024.05
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ