アビオンエアライン
スクール
OFFICIAL BLOG

2010年 エアライン就活を振り返る(2)

こんにちは!

前回に引き続き、今度は 国内エアラインの振り返りをしてみたいと思います。

例年 JAL・ANA グループ募集が多かった状況が一転。

また ANAグループの統合もあり 大手2グループへの応募の機会は少なくなりましたが、

全体に目を向けてみると

ADO 2回、スターフライヤー2回、フジドリーム2回、スカイマーク ほぼ毎月 というように

他のエアライン各社は 順調に採用を行ってきました。

ANAも この状況にかかわらず 新卒・既卒の募集を例年通り実施

今年一年の採用状況は アビオンHP の募集情報を参考にしてください。

さて これからはどうなるのでしょうか。

chk こんな記事も参考にしてください。

和製LCC、未知の航路 自信の全日空、独自性確保がカギ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101228-00000000-fsi-bus_all

『・・・新設するLCCは、社名やロゴはもちろん、社員も全く別に採用し、全日空ブランドと明確に分けて独自性を確保する。』 この1節が ヒントです。

昨日 外資系CA募集の振り返りにもありましたが、これからは 『飛ばせば乗ってくれる』 という時代ではありません。

たとえば ちょっと海外旅行しようと思っても 以前であれば“日本のエアラインを使いたい”と思うお客様が多かったのですが、今は エアラインを選ぶ価値観も多様化してきています。

さらに 海外から 日本人客室乗務員を乗せたLCC船 が参戦。

また 九州・青森まで 地上の交通網 はやぶさ新幹線も整備されました。日本

まさに 天にも地にもライバルが乱立する時代を どう生き抜くか、国内エアラインは 炎正念場を迎えようとしています。

そんな中 スカイマークの国際線参入、そして スターフライヤーの国際定期便就航など、JAL/ANA以外のエアラインが存在感を高めています。

エアライン各社のをしっかり見極めて、 『その会社がほしがる人材』 に自分を合わせることがますます必要になります。

特に 学生の皆さんは “サービス職”への就職 というところが大きいポイントになります。

就活で評価されるのは、今まで自分を評価する基準であった 学力 ではない、ということに早く気付かなければなりません。

周囲の人と どううまくコミュニケーションをとっていけるか

他人に好感を与え 説得する力、信頼される力があるか

自己管理を徹底し、“会社”の色に染まれるか

面接官は さまざまな視点から受験者の “人間力” を見ています。

桜 地道なトレーニングは 必ず皆さんの夢を咲かせます、桜

2011年  『思い描いていたことが ついに実現する年』 にしていきましょう!

年末年始 風邪に気をつけて よいお年をお迎えくださいうしゃぎ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

アビオンエアラインスクールでは 随時

エアライン受験に関するご相談をお受けしています

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

家 ホームページは  http://www.avion-air.com/

手紙 Eメールは  info@avion-air.com

門松 元旦のブログも お楽しみに!アメーバ


記事検索

カテゴリー

カレンダー

2024.05
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ